日月神示の解説

日月神示とコロナウイルスと今後の食糧危機

日月神示の解説

食糧危機の警告

日月神示では「世界的な食糧危機が来る」と警告しています。

ひふみ神示 第14巻 風の巻 第十一帖 (三六二)
 日本の国に食物なくなってしまふぞ。世界中に食べ物なくなってしまふぞ。何も人民の心からぞ。食物無くなっても食物あるぞ、神の臣民、人民 心配ないぞ、とも食ひならんのざぞ。心得よ。二月十六日、ひつ九のか三。

2019年までは世界的な貿易が正常に機能しており、食べ物の流通に関してもそれほど大きな問題は起きませんでした。しかし2020年になり、コロナのパンデミックが起き、それに伴い世界的な恐慌クラスのショックが起きて、世界中で食料品の買い占めが起きました。

こういう危機的な状況になってくると、もはや「俺は肉を食べれないから」とか「食品添加物が入ってるものは食べないから」といったふうに、選り好みをしていられる状況ではなくなります。
が、 とも食ひならんのざぞ。 とあるように、肉食は極力避けること。日本人の本来の食べ物は五穀野菜の類だと明確に書いてあります。共食いとは人間と近い哺乳類(四つ足の動物)の事を意味するのと、そのまま人間同士の食い合いを意味する説があります。

ひふみ神示 第20巻 梅の巻第十四帖 ひふみ神示 第20巻 梅の巻 日本には五穀、海のもの、野のもの、山のもの、皆人民の食ひて生くべき物、作らしてあるのぢゃぞ、日本人には肉類禁物ぢゃぞ。今に食物の騒動激しくなると申してあること忘れるなよ、今度は共喰となるから、共喰ならんから、今から心鍛へて食物大切にせよ、

ひふみ神示 第21巻 空の巻  第十二帖 学の鼻高さん何も出来んことになるぞ、今に世界から正真(しょうまつ)が段々判り来て、あわてても間に合はんことになるぞ、今の内に神示よく肚に入れておけよ、この道には色々と神の試(ためし)あるから漫心するとすぐひっくり返るぞ、考へでは判らん、素直結構ぞ。日本には五穀、野菜、海、川、いくらも弥栄の食物あるぞ、人民の食物 間違へるでないぞ、食い過ぎるから足らんことになるのざぞ、いくら大切な、因縁の臣民でも仕組の邪魔になると取り替へるぞ、慢心取違ひ致すなよ、代へ身魂いくらでもあるぞ。

ひふみ神示 第21巻 空の巻 第十四帖 日本には五穀、海のもの、野のもの、山のもの、皆人民の食ひて生くべき物、作らしてあるのぢゃぞ、日本人には肉類禁物ぢゃぞ。今に食物の騒動激しくなると申してあること忘れるなよ、今度は共喰となるから、共喰ならんから、今から心鍛へて食物大切にせよ、食物おろがむ所へ食物集まるのぢゃぞ。ひたすらに神にすがりてお詑びせよ、それより他に今は道なし。

五十黙示録 第02巻 碧玉の巻 第八帖 四ツ足を食ってはならん、共喰となるぞ、草木から動物生れると申してあろう、神民の食物は五穀野菜の類(たぐい)であるぞ。今の人民の申す善も悪も一度にひらいて、パッと咲き出るのが、次の世の新しき世の有様であるぞ、取違いせぬように、悪と申しても魔ではないぞ、アクであるぞ。大峠の最中になったら、キリキリまひして、助けてくれと押しよせるなれど、その時では間に合わん、逆立してお詫びに来ても、どうすることも出来ん、皆 己の心であるからぞ、今の内に改心結構、神の申す言葉が判らぬならば、天地のあり方、天地の在り方による動きをよく見極めて下されよ、納得の行くように致して見せてあるでないか。

私は完全な菜食を貫いてきたわけではない(魚は食べていた)ので、えらそうなことは言えませんが、平時から肉食をしてきた人が、いきなり五穀野菜の生活にするのは無理があります。
私は20歳の頃に菜食へと移行すべく肉食(四つ足)食を断ちました。が、その際には強い飢餓感に襲われ、落ち着くのに1ヶ月ほどかかりました。
腸内の細菌のバランスが肉食前提でとられていた所から、菜食中心へと移行すれば、腸内細菌のバランスが崩れてしまい、体調不良の原因となるのです。
食糧危機が起き、世の中が押し迫ってきてから「すいません!今日から菜食にしますから!」と言っても、なかなか難しいんです。
なので平時から肉食の量をすこしずつ減らしていって、菜食でも体に必要な栄養が採れるような体作りをしていくことが重要なのですね。

以下は編集中

関係の有りそうな帖のフレーズが勝手に頭に浮かぶので、とりあえずその帖をメモしてます。

   第二十五帖 (六七)
今に戦も出来ない、動くことも引くことも、進むことも何うすることも出来んことになりて、臣民は神がこの世にないものといふ様になるぞ、それからが、いよいよ正念場ぞ、まことの神の民と獣とをハッキリするのはそれからぞ。戦出来る間はまだ神の申すこときかんぞ、戦出来ぬ様になりて、始めて分かるのぞ

  第二十六帖 (一九九)
  、 、 、ウ、うにアエオイウざぞ。昔の世の元ぞ。 、 、 、ヤ、ワあるぞ、世の元ぞ。サタナハマからあるぞ。一柱、二柱、三柱、五柱、七柱、八柱、九柱、十柱、と申してあろがな。五十九の神、七十五柱これで判りたか。 は ざぞ。 には裏表上下あるのざぞ。冬の先 春とばかりは限らんと申してあること忘れるなよ。用意せよ、冬に桜咲くぞ。十一月二十二日、ひつ九 。

   第三十帖 (七二)
 八のつく日に気つけて呉れよ、だんだん近づいたから、辛酉(かのととり)はよき日、よき年ぞ。冬に桜咲いたら気つけて呉れよ。八月二日、ひつくのかみ。

 ひふみ神示 第08巻 磐戸の  第18帖 (254)
 今度の御用は世におちて苦労に苦労した臣民でないと中々につとまらんぞ、神も長らく世におちて苦労に苦労かさねてゐたのざが、時節到来して、天晴(あっぱれ)世に出て来たのざぞ、因縁のミタマ世におちてゐるぞと申してあろがな、外国好きの臣民、今に大き息も出来んことになるのざぞ、覚悟はよいか

コメント

タイトルとURLをコピーしました